リコ&鈴 屋敷

黒ラブ&フレブル&おとな2人の密着生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餡 安らかに

先週から体調が悪く、点滴を受けたりしていた餡。
7月2日 朝ご飯も、3時にボーロも元気に食べた餡。
それなのに夕飯を目の前にして、突然ぐったりしました。
すぐさま病院で診察してもらい、エコー、注射、血液検査、
そして点滴をしながら酸素室に。
保育器

しかし検査の結果、餡の内臓か血管のどこかが破れ出血した様子。
点滴を終えても今までみたいに回復しない餡を抱いて帰り、一晩励ましながら介抱しました。
翌朝一番でまた病院へ行きましたが、おうちで看取ってあげてとの事。
あるじとワタシ、そして遠巻きのリコに見守られ
7月3日正午、眠るように息を引き取りました。

きちんとした業者で火葬したかったので、
昭和47年からやっている動物火葬場へ。
お棺の中には餡が大好きで安心するダリアシアンタオルと、
足が元気だった頃大興奮で遊んだ伊那の竹ちょこを入れてやりました。
お棺の餡

1時間で小さい箱に変わってしまった餡。
夕方 リコが不審そうに待つ家に戻りました。
訃報を聞いてレイコさんが届けてくれたお花を前に
もう何度目か分からないくらい涙が出ました。

お骨

おとといまで元気だったのに。
今月あと少しで6歳だったのに。
でも 大学病院であと1年と言われた御陰で
それじゃあ!と食べ物に贅沢させたのが効いたのか 3年近く生きました。

いろいろ書くと今まだワタシの心がもたないので
思い出はもうちょっと消化出来てから反芻することにします。
餡の相手をして下さった方、見守って下さった方に、
御報告と心からの感謝を込めて 
ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikoan.blog24.fc2.com/tb.php/218-ead21544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。